FC2ブログ










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Storyside : γ 

無者さんから「世に出すべき」というありがたいお言葉を頂いたお陰でバラされずに済んだアイツの紹介です。


―γからアーカイブ“Blik”へ―
―スパルタンおよびオーバーパワーと呼称される存在と接触を試みる―
―適切であればそれらの個体を伴い,帰還する―

彼には自分のとった行動の意味が理解できなかった。
おそらく応急処置に用いた頭部ユニットに問題があるのかもしれない。
‘それ’にとって「通信」という機能はよほど大事なことだったのだろう。

・・・彼の名はガンマ。
過去,あるいは未来からこの島に‘落ちてきた’者。

そしてこの頭部,どうやら‘同胞’を引き寄せるらしい。
たとえ敵であろうとも。

blauschere001.jpg


感心したかのように青い「アーマスカー」はガンマに視線を送った。
完全に殺気を消したはずの一撃を獲物が間一髪で回避したのが余程珍しかったのだろう。
ガンマは身構えた。
アーマスカーの中に自分に有利な空間を作り出す者がいるということは,この島に来て初めて出会ったマトランから聞いていた。
まさか最初の敵がそうだとは予想だにしていなかったが。
この一瞬でどうやら敵の術中に陥ってしまったらしい。
真昼だというのにガンマの周囲は一寸先も見えぬ闇に覆われていた。
青白い光…鬼火というのだろうか。
それだけが見えざる敵の手がかりだった。

ただでさえ,ガンマにとってこれが初めての戦闘だった。
不安に加え,逃がしたマトランが無事か否かも気になっていた。
そんな中,自分に与えられた力に気づくことなど出来るはずもなかった。

クリーンヒットだけは免れているが,敵の攻撃は確実に彼を傷つけている。
なぜ自分がこんな目にあわなければならないのか。
自分は一体何者なのか。
ブリックの記憶。
ラヒの魂。
そして「アーマスカー」のシンボル。
身体より先に彼の心がバラバラになろうとしていた。

blauschere009.jpg

鈍い音が響く。
輝く左手が敵を捕らえ,闇は晴れていた。
外見と同じくツギハギの彼の心のひとかけら,そのひとかけらが彼を現世に繋ぎ止めた。
生存本能。
‘一度死んでいる’ためか,生への衝動が活路を開いた。

一方の青いアーマスカーは激痛に悶絶していた。
打撃による痛みではない,身体の内側が崩されるような痛み。
そして彼は意識を失った。
だが,それはガンマの勝利を意味しなかった。
アーマスカーだったそれは見る見るうちに形を変え,新たな敵となって立ちふさがった。

blauschere010.jpg


もはや理性など存在しない。
猛突進で間合いに入り,‘それ’は鋏状の腕で力の限りガンマを殴りつけた。
今度はガンマの意識が飛びそうだった。
間髪入れず,巨大な鋏がガンマの首にかけられる。

blauschere015.jpg

ガンマの身体は宙に浮いた。
もう片方の鋏がガンマのコアを狙っている。

しかしガンマは気づいていた。
いや,ブリックが教えたのかもしれない。
彼に与えられた力が‘進化をもたらす力’であることを。
そして同時に‘速すぎる進化は身を滅ぼす’ことを。

渾身の力をこめた左手が再び敵の腹部を突いた。
激痛によって鋏が緩み,敵の足元に転げ落ちるガンマ。
その位置からもう一撃,跳び上がりながら強烈なアッパーカットを打ち込む。

blauschere017.jpg


身を翻し着地するガンマ。
その後方では青いアーマスカーだった‘それ’が自壊していた。
彼を構成していた全てのパーツが暴走し,一つの形を保てなくなったのだ。

ガンマは青いヴァキヘッドを拾い上げた。

彼は悟った。
もう故郷に帰ることはないのだと。
彼は決心した。
マトランを守ろうと。
彼はマトランが好きだった。
もしかしたらそれはブリックの意思であり,自分のものではないかもしれない。
しかし,それは彼の決心を変えさせるほどの問題ではなかった。




ということで,「名称未定の青いの」改め「ブラオシェーレ」,愛称「蟹」です。
実はこの作品,元はガンマレイ以前に俺マスカーとして製作したものを,GMさんとのサシオフに向けて手直ししたものなんです(^^;
だから今回,ガンマレイにしてやられるヤラレ役を買って出てもらいました(笑)

フロントビューというか素立ち。
blauschere003.jpg

サイド。
blauschere004.jpg

リア。
blauschere005.jpg


バストアップ。
blauschere002.jpg

この頭部,無者さんにウケたのは意外でした(笑)

ちなみに可動箇所は殆ど無いです。
blauschere006.jpg
blauschere007.jpg
blauschere008.jpg



続いて蟹。
もちろん差し替え無し変形です。
フロント。
blauschere011.jpg

サイド。
blauschere012.jpg

リア。
blauschere013.jpg


GMさんとサシオフするなら是非とも怪人型を作っていきたかったのですが,当日までには完成しませんでした(^^;

なぜ蟹なのかといいますと,ガンマレイ(ガンマ線=放射線)に負ける→癌(cancer)の同音異義語で蟹という安直な発想から。


結構チャーミング(笑)
blauschere014.jpg
「オイッス!」
[ 2008/04/06 00:51 ] My Armaskers : Blauschere | TB(0) | CM(4)

お久しぶりです師匠。

大御所ニクラーの方々のコメントで自分がコメントするタイミングを失わないうちに(汗
以前オフレポで拝見したあの姿から蟹への変形は見事でシルエットとか印象とか全部覆されてお腹いっぱいなのに元々も変形後もしっかりまとまっててヤバいです。
もうこんなの見せられたら本当にヤバイです・・・あ、でもまだまだ見せてくださいね(汗
[ 2008/04/06 11:05 ] [ 編集 ]

御指名

有難う御座います、当店No1?の無者です。

ね!世に出して良かったでしょ?w
やっぱりお倉入りはもったいないって、しかも蟹だしw
カッコイイしw、ストーリー付きだしww
結構「むっきー悔しい~」ですw
こっちも負けずにヴァキヘッドの続き作らなくちゃ、
例の「ツヴァイ」から後作ってないから・・・
次は「トリニティ」と「テトラ」の予定ですが、未定ですw
[ 2008/04/09 10:39 ] [ 編集 ]

おおおおお~♪

何だかなぁもぉ(笑)
乱発する様で言葉が薄まってしまってるかも知れませんが、それでも「素晴らしい」と言いたいです。
差し替え無し変形もさる事ながら、そのギミックを組み込みながら破綻してないプロポーション!
そして変形2態のデザインの良さ♪
正直ムカツキマスネ(^^)/
各部に配されたバラッキパーツの曲面と青いカラーが相まって、グランゾートのアクアビートを思い出しましたw
特に頭部♪
[ 2008/04/12 08:45 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

コメントを認証制にしたことを書き忘れていました^^;
2回書いてくださった方,すみませんでした。

>零狐乃助さん。
師匠って…関東ニクル会のすごい方たちにシメられそうだからやめてください(笑)
可変モデルを作る上で変形前後の水準を同じくらいに保つのが課題だったので,双方を気に入って頂けたようで嬉しいです。
2008年度もがんばりますね!

>無者さん。
本当にありがとうございます!
蟹の方も見ていただきたかったので(笑)
無者さんのヴァキヘッド3部作のインパクトを受けたお陰で変形前後のバランス調整ができたのは内緒です(^^;
そして「むっきー悔しい~」獲得!!やった!!(笑)
これからも精進しますので何とぞよろしくお願いします!

>TANさん。
やった,無者さんに続いてTANさんの「ムカツク」までもらっちゃいました!!(笑)
感激です!!
マスカーコンに取り組み始めた頃は海をイメージした青マスカーを考えており,そのイメージをそのまま受け継がせたので,アクアビートを連想してもらえたのは素直に嬉しいです^^
ていうかグランゾート,懐かしいですね(笑)
最近は可変・合体とギミック漬けなのでそろそろ素直なビルドに戻そうかと思ってます^^;
[ 2008/04/16 00:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://biobuilding.blog75.fc2.com/tb.php/87-b7b8da94






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。